宮本邸

平成14年10月

1年以上の工期をかけて作庭。全体で500坪程あり、全ての庭園風景が楽しめるように、歩いて散策できる贅沢な回遊式となっている。
高原にいるような自然庭園のイメージなので、芝生の大築山では石を一切入れず、本座敷・仏間の茶庭は桂垣で仕切っている。
苔庭の茶庭があり、生垣には幅37m、高さ4mの薔薇の大生垣を創作した。
洋風リビングにはロックストンデッキがおごられている。
木は紅葉、株断ちの欅、錦木、枝垂桜、夏椿、特大えご、山法師、その他